現在地
  1. TOP
  2. 病気予防への取り組み
  3. 循環器病・生活習慣病予防への取り組み
  4. 研究開発
  5. 研究業績

循環器病予防部門 循環器病・生活習慣病予防への取り組み

研究業績:平成29年度 学会

発表者 共同発表者 タイトル 学会名 開催年月 開催場所
崔 仁哲 山岸良匡、
村木 功、
羽山実奈、
梅澤光政、
今野弘規、
李 媛英、
Ehab S Eshak、
大平哲也、
木山昌彦、
岡田武夫、
北村明彦、
谷川 武、
磯 博康
地域一般住民における動脈硬化度のマーカーと心房細動との関連 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
岡田武夫 村木 功、
羽山実奈、
清水悠路、
手塚一秀、
今野弘規、
大平哲也、
北村明彦、
佐藤眞一、
木山昌彦
健診受診者に見る腎機能低下の危険因子について 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
清水悠路 小屋松淳、
永吉真子、
佐藤晋平、
山梨啓友、
福井翔一、
近藤英明、
岡田武夫、
木山昌彦、
前田隆浩
血管修復指標としての肝細胞増殖因子(HGF)と末梢血CD34陽性細胞 第88回 日本衛生学会学術総会 2018/3/
22~24
東京
清水悠路 高血圧と動脈硬化 ~動脈硬化ってワルモノ?~ 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科『地域医療協働センター』キックオフフォーラム~地域と大学の本格協働~ 2018/1/20 長崎市
清水悠路 小屋松淳、
永吉真子、
山梨啓友、
玉井慎美、
有馬和彦、
青柳潔、
前田隆浩
高齢者における握力低下と血清HDLコレステロールとの関係 第76回 日本公衆衛生学会 2017/10/
30~11/2
鹿児島市
Yuji Shimizu Koyamatsu J,
Yamanashi H,
Nagayoshi M,
Noguchi Y,
Kadota K,
Kawashiri SY,
Arima K,
Aoyagi K,
Maeda T.
Asian-specific inflammatory single nucleotide polymorphism (SNPs) is associated with height levels among general elderly Japanese. 2017 Symposium of the Society for the study of human biology & international association of physiological anthropology. Human Biology of Climate Change. 2017/9/
12~9/15
Loughborough (イギリス)
Yuji Shimizu Koyamatsu J,
Yamanashi H,
Nagayoshi M,
Noguchi Y,
Kadota K,
Kawashiri SY,
Arima K,
Aoyagi K,
Maeda T.
Height and BMI status is an indicator of vascular maintenance activity among general elderly Japanese. 2017 Symposium of the Society for the study of human biology & international association of physiological anthropology. Human Biology of Climate Change. 2017/9/
12~9/15
Loughborough (イギリス)
Yuji Shimizu Yamanashi H,
Koyamatsu J,
Nagayoshi M,
Noguchi Y,
Kadota K,
Kawashiri SY,
Tamai M,
Maeda T.
Validity of maximum isometric tongue pressure as a screening rest for physical frailty: cross-sectional study on Japanese community dwelling elderly peopole. 第8回 日本プライマリ・ケア連合学術大会 2017/9/
12~9/15
高松市
清水悠路 小屋松淳、
永吉真子、
山梨啓友、
川㞍真也、
磯博康、
前田隆浩
高齢男性における高血圧の影響を考慮した飲酒習慣と頸動脈・動脈硬化の関係 平成29年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 2017/9/
8~9
横浜市
羽山実奈 岡田武夫、
村木 功、
今野弘規、
崔 仁哲、
山岸良匡、
北村明彦、
磯 博康、
木山昌彦
中高年期男性の飲酒習慣と脳卒中発症の変遷:1970年代~現在(CIRCS) 平成29年度 アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 2017/9/
8~9
横浜市
羽山実奈 岡田武夫、
村木 功、
今野弘規、
崔 仁哲、
磯 博康、
北村明彦、
大平哲也、
山岸良匡、
梅澤光政、
佐藤眞一、
本田瑛子、
手塚一秀、
清水悠路、
木山昌彦
耐糖能異常者の尿蛋白所見と将来の腎機能低下 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
Hayama-Terada Mina Okada T,
Muraki I,
Cui Renzhe
Fifteenth-year trends for stroke incidence and symptoms among Japanese men and women: The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS) The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference 2017/10/
19~21
新潟市
手塚一秀 清水悠路、
大平哲也、
能戸真梨子、
羽山実奈、
中野裕紀、
前田正治、
矢部博興、
安村誠司、
針金まゆみ、
鈴木友理子、
磯博康、
神谷研二
東日本大震災後のトラウマ反応と精神的不調及び循環器疾患の既往との関係 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
本田瑛子 伊藤ゆり、
田淵貴大、
村木功
民間口コミグルメサイトを用いた都道府県別・業種別の飲食店禁煙状況 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
能戸真梨子 清水悠路、
本田瑛子、
伯井朋子、
宮崎純子、
羽山実奈、
手塚一秀、
岡田武夫、
木山昌彦
特定保健指導の減量指導における行動変容を促進させる心理的因子についての検討 第76回日本公衆衛生学会総会 2017/10/
31~11/2
鹿児島市
伯井 朋子 宮崎純子、
本田瑛子、
能戸真梨子、
手塚一秀、
羽山実奈、
村木 功、
清水悠路、
岡田武夫、
木山昌彦
最終飲食時刻の違いによる身体的影響と食行動パターン 第76回日本公衆衛生学会総会 2017年10月31~11月2日 鹿児島市
伯井 朋子 宮崎純子、
村木 功
大都市近郊住民と農村地域住民の就寝前飲食に関する実態調査 第64回日本栄養改善学会学術総会 2017年9月
13日~15日
徳島市
宮崎純子 宮崎純子、
伯井朋子、
笠松範子、
河中弥生子、
西村節子、
丸山広達、
黒川通典、
梅澤光政、
村木 功
大阪地域住民の食事調査からみた穀類摂取量の違いによるその後の新規高血糖の発生 第64回日本栄養改善学会学術総会 2017年9月
13日~15日
徳島市

病気予防への取り組み指導者向け