現在地
  1. TOP
  2. 人間ドック・がん検診
  3. 各検診部のご案内・医師紹介
  4. 内視鏡検診部のご案内

人間ドック・がん検診

内視鏡検診部のご案内

はじめに

主として食道、胃、十二指腸、大腸などの消化器疾患を対象に検診・診療を行い、開設以来、胃がん、大腸がんなどの早期診断に積極的に努めてきました。最近では、特に、内視鏡治療が可能な、すなわち、身体的な負担が少なく、良好な状態での長期生存が期待される、がんの発見に取り組んできました。

診療科目

上部消化管内視鏡検査で食道、胃十二指腸までの消化管を観察し、胃がんや胃・十二指腸潰瘍などの診断をしています。大腸は下部消化管内視鏡検査で大腸がん、大腸腺腫などの診断をしています。 また、近年、注目されてきたピロリ菌についても、非侵襲性の尿素呼気検査を用いて感染の診断を行い、適応により除菌治療を実施しています。

内視鏡検査は集団検診からの精密検査だけでなく、病診連携による検査依頼の取り扱いも行っています。

特徴

写真:機器の管理

感染症防止対策の一環として、機器などの洗浄・消毒には日本内視鏡学会基準による、ガイドラインを遵守し、標準予防策(スタンダードプリコーション)を取り入れています。

機器の保守・点検は、検査ごと、検査終了後ごとに、主として内視鏡技師により、また、定期的にメーカーにより実施して、適正に検査・運用するために、機器の管理を行っています。

上部消化管内視鏡検査

写真:細い内視鏡

写真:経鼻内視鏡

内視鏡挿入困難例では適宜、細い内視鏡や希望により経鼻内視鏡を用いて施行しています。

病変があり、良性・悪性の鑑別が必要な場合は生検で病理組織診により正確な診断を行います。また、病変の広がりをより明瞭にするため色素剤を用いることもあります。

大腸内視鏡検査

検査の負担を和らげるために、硬度可変式スコープなども取り入れています。

検査でがんや腺腫など、治療の必要な疾患が発見された方は、基幹病院に適宜紹介しています。

ピロリ菌検査

写真:ピロリ菌検査

胃がんの発生や胃・十二指腸潰瘍と関連が深いピロリ菌については、非侵襲的な尿素呼気試験を用いて感染の診断を行い、適応により除菌療法を行っています。

除菌効果は除菌判定で成否を確認しています。

成功例では経過観察とし、失敗例では二次除菌に進む場合があります。

検査実績

上部消化管内視鏡検査は年間5253件(検診の内視鏡を含む)、下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)は年間88件(S状結腸内視鏡のみも含む)、施行しています。

また、除菌療法を含むピロリ菌検査は年間621件、実施しています。(2014年度実績)

担当医

 
午前
(胃内視鏡)
石田 哲士
岡野 彌高
石田 哲士
福富 啓祐
石田 哲士
岡野 彌高
近藤 純平
梅田 大介
(石田 哲士)
石田 哲士
松野 健司
午後
(大腸内視鏡)
    石田 哲士   石田 哲士
(問診)

写真:石田 哲士

部長
石田 哲士(いしだ てつし)
専門医・認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
非常勤医師
岡野 彌高
福富 啓祐
近藤 純平
梅田 大介
松野 健司

人間ドック・がん検診