現在地
  1. TOP
  2. 当センターについて
  3. 事業概要

当センターについて

事業概要

がん予防部門

がん検診(施設・車)
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 肺がん
総合健診
  • 住民健診
  • 事業所健診
  • 政府管掌生活予防健診
  • 人間ドック健診
  • 国民健康保険ドック
  • 特定健診
研修・精度管理 高精細なデジタル画像管理システムや電子内視鏡などの「検診設備」、多人数同時観察用顕微鏡など、がん検診従事者の「研修設備)
細胞診・組織診検査 細胞診指導医と細胞検査士による細胞診のダブルチェックや、熟練した病理医による組織診など「診断システム」の充実、検診情報システムを活用しての「受診者サービス」と「精度管理」の実施
受診者管理 市町村、職域団体等と密接に連携し、要精密検診者に対する受診勧奨、フォローアップ等を実施
がん予防の啓発普及 がん予防キャンペーン等の開催
大阪がん予防対策基金 大阪の人々をがんから守ることをめざし、各界から広く資金援助を仰いで、がん予防の啓発や検診技術の研修、研究などの促進に寄与

循環器病予防部門

特定健診・特定保健指導及び医療費のデータ分析と地域の健康課題の明確化 市町村における医療費及び疾病構造の課題の明確化、特定健診・特定保健指導の実施状況、健診有所見者状況の課題の明確化 等
行動変容プログラムの策定・実施支援 市町村が行う行動変容プログラムの作成に係る技術的支援及び実践支援
循環器病予防対策に役立つエビデンスや方法論の開発・普及 循環器病予防対策に役立つ健診技法、保健指導プログラム、健診スタイルの開発、特定保健指導の対象とならないハイリスク者の判断基準の策定・指導方法の検討

~検診のお勧め~

早期がんは、全くといっていいほど自覚症状がありません。そのため、気付いた時には治療が難しいほど、悪化していることもあります。自覚症状が現れてから医療機関で発見されたがんと、検診で発見されたがんの治療結果を比較して見ますと、検診の方が約2倍近い5年生存率を示しています。

胃がん、子宮がん、乳がんの場合、検診で発見された方の大部分が救命されています。そのためには、症状のない時期に検診を受け、がんを早く見つけることが大切です。がん予防の主役は、あなた自身です。がん検診をもっと積極的に受け、早期発見に心がけましょう。

がん検診と循環器健診をセットにした精度の高い総合健診(人間ドック)を実施しております。

これまで培ってきた、がんと循環器病の疫学的知見を基に、総合的で実践的な保健指導技法の開発と、がん・循環器疾患の発症・死亡を追跡調査し、府民の健康指標の改善につなげます。


当センターについて
関連ページ