現在地
  1. TOP
  2. 人間ドック・がん検診
  3. 検査項目
  4. 呼吸器の検査

人間ドック・がん検診

呼吸器の検査

我が国の肺がんの死亡率は上昇傾向にあり、胃がんを抜きトップになりました。

肺がんは喫煙と密接な関係があるとされています。

そのため、その予防対策としては、検診だけでなく喫煙習慣の改善も重要となります。

検査の主な流れ

図:検査の主な流れ

検診について

一次検診としては職域などを対象に、施設における胸部X線検査又はオプション検査でCT検査及び、喀痰細胞診(三日蓄痰粘液融解法)を行っています。

また、市町村が実施している住民検診の胸部X線フィルムの読影と、喫煙量が多くリスクの高いグループに対する喀痰細胞診を実施し、2005年4月よりヘリカルCT検診車による肺がん検診も行っております。詳しくは「ヘリカルCT肺がん検診のご案内」をご覧下さい。

写真:総合健診車「すこやか号」/胸部撮影の様子

総合健診車「すこやか号」/胸部撮影の様子

写真:ヘリカルCT検診車と内部の様子

ヘリカルCT検診車と内部の様子
詳しくは「ヘリカルCT肺がん検診のご案内」をご覧下さい。

写真:胸部直接X線

胸部直接X線写真 2方向

精密検査について

写真:喀痰の容器

喀痰の容器

精密検査は、当センターの一次検診からの要精検者を対象に、胸部X線CT検査と喀痰細胞診(三回法)を行っています。

精密検査の結果をもとに、医師による説明を行っており、更に詳しく調べる必要があったり、治療を必要とする場合には、御本人と相談のうえ、それぞれの方に適した医療機関を紹介しています。

X線CTとは

X線を用いた診断装置で、コンピュータを使用し、人体の輪切りの写真を撮影することで、全身を精密に検査することができる方法です。

検査にはほとんど苦痛をともないません。

現在、当センターでは、最新のマルチスライスCT装置を用いて検査を行なっております。数秒間息を止めることで、全肺の撮影が可能です。

写真:X線CT撮影の様子(CT検診車)

X線CT撮影の様子(CT検診車)

写真:X線CT撮影の様子(施設内CT)

X線CT撮影の様子(施設内CT)

写真:胸部X線CT 肺の横断像

胸部X線CT 肺の横断像

当センター検診への取り組みについて

人間ドック・がん検診