現在地
  1. TOP
  2. 人間ドック・がん検診
  3. 検査項目
  4. 呼吸器の検査
  5. ヘリカルCT肺がん検診のご案内

人間ドック・がん検診

ヘリカルCT肺がん検診のご案内

肺がんの現状

わが国では1981年以降、死因別順位のトップを占めている病気ががんです。その中でも肺がんによる国内の死亡者は、増加傾向にあります。国が5年ごとにまとめている、人口10万人に対するがんによる死亡者数「がん死亡率」では、大阪は、1985年から毎回、男女ともにワースト1です。さらに、国が毎年まとめる「人口動態統計」によると、2003年にがんで亡くなった府民のうち肺がんが占めた割合は、人口10万人あたり48.3でトップでした。大阪では肺がん死亡率を改善することが、重要な課題になっています。肺がん死を防ぐには禁煙などの一次予防とともに検診を受け、早期発見・早期治療することがなにより大切です。

通常、肺がん検診は、胸部X線写真と喀痰検査の併用で行っています。最近ではCTを用いた検診も行われるようになっています。CT検査だと胸部X線写真よりも小さな肺がんが発見でき、心臓の陰などの今まで見えにくかったところまで見えるようになり、肺がんが見落とされる可能性が少なくなります。

当センターでのヘリカルCT肺がん検診

当センターでは、2005年度4月よりヘリカルCT検診車による肺がん検診を行っております。当センターのヘリカルCT検診車には、現在診療施設で中核に使われている4列のマルチディテクターCT(MDCT)を搭載し、X線被曝線量を低減させるために、低線量CT検査を採用しています。MDCTを検診車に搭載することにより、より広い地域の皆様にCT肺がん検診を受診していただく事が可能になりました。これにより早期発見・早期治療に寄与し、大阪府の肺がん死亡率の改善に貢献したいと考えます。

早期発見・早期治療は重要です。
府民の皆様に肺がん検診を受けられることをお勧めいたします!

写真:ヘリカルCT検診車

写真:ヘリカルCT検診車内

ヘリカルCTによる肺がん検診の利点

  1. 高い肺がん発見率
  2. 高い早期のがん比率

検査方法について

上半身に金具やボタンの無い服装でベッドに仰向けで寝ていただきます。

撮影中に一度だけ、およそ20秒程度息を止めていただきます。

検査は2分程度で終わります。

【検査についての注意点】
妊娠中または妊娠している可能性のある方は受けられません。

お申し込みについて

ヘリカルCT検診車による肺がん検診は、企業・グループでお申し込みの場合に活用いたしております。

個人でお申し込みの場合は、施設内での肺がん検診をお受けいただけます。「呼吸器の検査」のページもぜひご覧下さい。

お申し込みについて詳しい説明をご覧いただけます

各種検診・検査のご案内・お申し込みは予約センターまでお電話またはFAXください

予約センター
  • 06-6969-6712
  • 06-6969-6720

受付時間/8:45~12:00 13:00~17:00(土・日・祝を除く)


人間ドック・がん検診